仕事の目的

仕事の目的は何か。

 

仕事には3つの区分があると思う

①現状の維持

 既に私達の生活にあるもの、トイレットペーパーなどの日用品などの再製造。

 あるいは、私達が繰り返して行ってきているもの。子育てや、社会インフラ、教育など。

 

②不足の充足

 既出の問題を解決する仕事。

 例えば、少子高齢化による人手不足の解決。保育士の待遇問題。

 あとは、物質的な不足。アフリカにテレビであったり、空調であったりを供給することなど。

 

③不足の創造

 不足していると感じていない人々に「不足している」と思わせる仕事

 例えば、iphoneなんかは適例だと思う。スティーブ・ジョブズiphoneを私達の前に差し出し、その素晴らしいプレゼンと売り込みにより、iphoneがほしい、つまり、iphoneに対する「不足」を感じさせた。莫大な「不足」だ。

 

近年は③の仕事、能力が重視されている傾向にある。

不足の創造。

30年前であれば、②不足の充足だけで、企業として成長することができたのだろう。

なぜなら、焼け野原になった日本、人口増加していた日本では、極端に物質的不足が生じていたからだ。

企業はそれを満たすことに全力を傾けるだけで、成長できた。

 

しかし、現在は物質的に充足してしまった。

既に、消費しているものを継続的に消費し続ける、現状維持が大半を占めるようになった。

しかし、民間企業は現状維持だけでは成り立たない。

何故なら企業は投資家のものだから。成長は企業の義務なのだ。

 

成長するためには、生産量を増やすしかない。あるいはコストを高くするか。

生産量を増やすには、不足を見つけ、供給するしかない。しかし、現代社会において「不足」を生み出すのは容易ではない。

特に日本においては、現状維持ですら、人口減により縮小している。

 

だからこそ③の仕事が必要なのだ。

不足の創造。

付加価値の創造とも言える。

 

これから日本の民間企業で生き残っていくのはこの不足の創造ができる人間だろう。

 

自分は自信がないから、行政に逃げようと思う。

行政の仕事は基本的に1と2だからだ。

しかも行政は利益も成長も追い求める必要がない。